松田知子皮膚科医院│福岡・法令線の治療なら

あざ・しみ

  • HOME »
  • あざ・しみ

あざとは?しみとは? (基本になります。是非ご一読下さい)

あざとしみの違いを一口でいうとメラノサイト(メラニンを作る細胞)の違いです。

メラニンを作る細胞(メラノサイト)に2種類あり、メラノサイトの種類によって治療法が大きく違ってきます。

2種類のメラノサイトとは表皮基底層にあるものと、真皮のなかにあるものです。表皮のメラノサイトは正常の細胞で誰でも持っています。白人も黒人も数は同じだと言われています。このメラノサイト内のメラニンは色が付いていなくて、メラノサイトから放出されてから黒くなってきます。これが所謂しみといわれているものです。レーザーは色に反応するので、表皮性のしみに レーザーをあてると、メラニンが破壊されて一瞬きれいな皮膚が現れますが、メラノサイトは破壊されず(もし、破壊されたら白くぬけてしまう)、メラノサイトを レーザーの熱エレルギーが刺激してしまうので、メラニンを大量に作ってしまいます。これが所謂レーザー焼です。

一方、真皮メラノサイトは誰にでも何処にでも有る訳ではなく、存在自体が異常な細胞なのです。今のようなレーザーが開発されるまでは皮膚を傷つけないで治療するのが困難でした。が、黒い色だけに反応するレーザーの発明でドラマチックに改善することが出来るようになりました。メラノサイトの中にメラニンを沢山詰め込んでいるので、 メラニンを破壊することによってメラノサイトごと破壊できるのです。

寧ろ表皮のメラノサイトによるシミのほうが治療が難しいと思われていました。が、トレチノインという新しい治療法の出現で、いままで難しかった表皮のメラニンの増加による肝斑や炎症誤色素沈着の治療が可能になりました。

只、トレチノインは通販なででも手に入り、付けるだけで簡単と思われている方も多いのですが、自己流で寧ろ悪化されて来院される患者様のおられます。色々コツがありますので、是非、松田知子皮膚科の東大式トレチノイン療法をお試し下さい。

また、レーザ-治療時に一定の確率で避けられないレーザ-焼けも早く落とせます。

トレチノインは塗り薬ですが、トレチノインはターンオーバーを正常よりも早くする治療法ですので、多少のダウンタイム(赤くなったり、化粧乗りが悪くなったり、、)を伴います。それもちょっととおっしゃるかたには、ハイドロフェイシャルによるピーリングでターンノーバーを正常に戻しで、美白剤を塗布するメニューも導入致しました。

一般に浅いものは茶色で深くなる程灰色から青みがかってくるといわれていますが、アザやシミに詳しい専門医でないと、診断が難しいこともあるので、是非御相談下さい。

まずは、しみがどちらのメラノサイトの異常なのかという見極めが最も大切です。

 

また、しみやくまと思われているものの中には遅発性太田母班様色素斑、後天性真皮メラノサイトーシスといったものが非常に多く含まれています。これは、以前は太田母斑Ⅳ型対称型といわれていたものですが、真皮のなかにメラニンを作る細胞が異常に存在するもので、この真皮メラノサイトをQスイッチルビーレーザ-で破壊すると治ります。が、この場合にも最大の問題はレーザー焼でした。が、トレチノインを併用すると照射回数が半分位、期間が3分の1位に短縮できます。

いずれも診断が重要です。一度、是非御相談下さい。

あざとしみの種類

 具体的なあざとしみについて説明します。2つ以上のしみやあざが混在していることもあるので、診断が難しいことも多いので、是非一度、あざ・しみに詳しい医師に御相談下さい。

美容皮膚科を標榜していなくても、詳しい皮膚科医もいますので、納得がいかない時はセカンドオピニオンを取る事をお奨めします。

aza01
[炎症後色素沈着]
[老人性色素斑] [脂漏性角化症]
[黒子] [肝斑] [花弁状色素斑]
[雀卵斑]
[偏平母斑]
[後天性真皮メラノサイトーシス]
[色素性母斑]
[太田母班] [異所性蒙古斑]
[炎症後色素沈着]

あざとしみの種類と治療

右側のサイドバーよりご覧下さい。

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.