松田知子皮膚科医院│福岡・法令線の治療なら

肝斑

肝斑

頬部を中心の左右対称の境界鮮明な淡褐色から暗褐色の地図状色素斑。肝疾患との関係は無い。
妊娠、ピル内服によって増強し、老齢になると自然消褪することもあるので、ホルモンとの関係が論議されている。

トランサミン

飲み薬です。市販のトランシーノと同じものです。まず、1ヶ月は続けて飲んでみましょう。効果があるようなら続けることになりますが、血液が固まり易くなるので、2ヶ月内服したら1ヶ月お休みして下さい。特に、ホルモン充填療法をされているかたは、注意が必要です。

トレチノイン

医療レベルの治療として、肝斑の治療のファーストチョイスになりつつあります。
過って、レーザ-治療をして濃くなってしまったものにも効果的。1クールでお化粧で隠れるようになり、2クールで素顔に自身がもてます。しみが一時的に浮き上がってこく感じる時期のある方もありますが、よくとれます。
エステや化粧品でとれなかったとか、他の治療法で失敗したかたは是非お試しください。特にIPLやケミカルピーリングでとれなかった方は非常に良く効きます。IPLやケミカルピーリングにかけたお金も無駄ではありません。IPLやケミカルピーリングが前処置の役目をするからではないかと思っています。

btn_torechinoin

化粧品

ハイドロキノン、ルミイシル、高濃度VC外用 VC、VE内服などのコンビネーション。トランサミン廃合のクリームもご用意しています。
VCやトラネキム酸をイオン導入すると効果的です。
時間がかかりますが、ダウンタイム(かさぶたになったり、赤くなったり、剥けたりする期間)がありません。

いずれの場合も遮光が大切です。

ご予約専用ダイヤル TEL 092-807-1270 月〜金 9:00〜18:00 / 土曜 9:00〜14:00

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.