松田知子皮膚科医院│福岡・法令線の治療なら

太田母班

太田母班

眼を中心にした青いあざ。眼球や軟口蓋の色素斑を伴うことが多い。

Qスイッチルビーが最も得意とする母班

btn_qswich

色素が皮膚の浅層から、深層にわたって広く分布しているので、まず、浅い層から 色素を取り除き、徐々に、順を追って深い層の色素を取り除いていくほうが、最終的に良い結果が得られます。そのため、最初の2、3回照射後は深い層の色素が透けてみえるのと、炎症後色素沈着がおこるので、濃くなったようにみえることがありますが、心配ありません。

 

また、保険が3ヶ月に1連の照射しか認めていないため、泣く泣く、3ヶ月待って照射すると誤解している方もありますが、炎症後の色素沈着がおさまるのに、最低でも3ヶ月はかかります。

場合によっては、それ以上待ってでも、しっかり炎症後色素沈着を落としてからのほうが、良い結果が得られます。また、照射後、1週間程度はガーゼが必要ですから、生活のリズムに合わせて、プログラムを組むことも可能です。

例えば、

  • 年1回夏休みの度に照射しても全く問題ありません。
  • 数回から10回程度の照射が必要です。

以上の点を理解して治療に取り組めば、必ず、良い結果が得られます。

 

Qスイッチルビーレーザーが実用化されたのは10年位前、保健適応になったのが数年前です。

中年になって治療を始める方も大勢いらっしゃいます。30歳を過ぎると表皮性のしみを合併しているかたが殆どです。まずトレチノインで表皮のしみを落としてから、レーザーを照射すると炎症後の色素沈着をあまりおこさずに治療出来ますので、レーザー焼が気になって治療を躊躇されているかたは是非御相談下さい。

Nevus of Ota 1 Be   Nevus of Ota 1 Af

治療をうけた患者さんが写真入りでホームページを開設していらっしゃいます。是非、参考にして下さい。

bnr_chinoko

ご予約専用ダイヤル TEL 092-807-1270 月〜金 9:00〜18:00 / 土曜 9:00〜14:00

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.