松田知子皮膚科医院│福岡・法令線の治療なら

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性両側性太田母班様色素斑(堀)、遅発性両側性メラノーシスともいいます。太田母班のように青くみえるものを後天性両側性太田母班様色素斑と、肝斑のような薄茶色にみえるものを遅発性両側性メラノーシスと呼ぶ傾向があるようです。組織学的には同じものです。
日本人には比較的多いものです。放置しても問題はありません。
太田母斑との違いは眼球(太田母班に合併しない眼球の色素斑もあるが、、)や口蓋に色素斑が無い。家族内発生があげられます。
なんらかのしみ治療中に濃くなってしまったものは後天性真皮メラノサイトーシスの可能性があります。

トレチノインとQスイッチルビーの併用

太田母斑同様、真皮メラノサイトがこのしみの本質です。Qスイッチルビーレーザが必ず必要になります。太田母斑よりメラノサイトが浅いところにあるので、レーザー焼けを起こし易いのが特徴です。そのため、折角治療を始めてもドロップアウトしてしまうかたが多いのが残念です。

トレチノインを行なうことによって、レーザー焼けがさけられるので、是非併用をお勧めします。

btn_qswich btn_torechinoin

化 粧

カバー力のあるファンデーションで隠す。

ご予約専用ダイヤル TEL 092-807-1270 月〜金 9:00〜18:00 / 土曜 9:00〜14:00

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.