松田知子皮膚科医院│福岡・法令線の治療なら

コエンザイムQ10

  • HOME »
  • コエンザイムQ10

CoQ10

皆さんは「コエンザイムQ10(CoQ10)」をご存じでしょうか。今はまだ聞きなれない言葉かもしれません。しかしこのコエンザイムQ10は、日常的な健康を維持する重要な働きを担っているのです。老化を遅らせ、加齢に伴う疾病、例えば心臓病の予防や治療に向けた薬品やサプリメントの物質として、研究者たちから大きな期待を受けています。

CoQ10は、私たちの細胞全てに存在します。人の体内で生合成され、また魚介類など多くの食品からも少量は摂取できます。そして、私たちが健康的に生きていく上で、必要不可欠な物質でもあるのです。

CoQ10の2大作用は『エネルギー産生促進作用』『抗酸化作用』です。

エネルギー産生促進作用

私たちが生きていく上で必要なエネルギーはATPと呼ばれる物質がもとになって生み出されていますが、このATPの生成に不可欠なのがCoQ10です。

CoQ10がなければ、エネルギーがつくられません。

抗酸化作用

活性酸素が過剰に発生し、体がサビついていくことを酸化ストレスといいます。

身体各部が活性酸素によって酸化されないように守る役目をするのがCoQ10です。

酸化ストレスが老化やさまざまな病気を引き起こす。

酸化ストレス自体はほとんど自覚症状を感じさせません。わかりやすいものは、紫外線によるシミくらいでしょう。しかし、目には見えなくても、酸化ストレスは体内でさまざまな問題を引き起こすといわれています。

もうひとつ忘れてはならないことが老化との関わりです。老化は加齢とともに現れる、避けては通れない現象ですが、酸化ストレスなどによる細胞へのダメージが蓄積されていくことが、老化の進行を早めると考えられています。

活性酸素が過剰に発生し、それにより体内で受けたダメージの修復が追いつかなくなる状態が酸化の原因であることはお伝えしました。とくに、体内に存在する脂質は酸化されやすく、「過酸化脂質」となることが大変問題なのです。

イキイキとした細胞であるために、酸化をどのように防ぐかが大変重要になってきます。私たちの体内には酸化を防ぐために「抗酸化酵素」と呼ばれる物があり、これは過剰に発生した活性酸素に対抗するシステムとして働きます。

この働きには、

  • 活性酸素の発生を防ぐ
  • 発生した活性酸素を素早く安定させる
  • 活性酸素から受けたダメージを修復する
  • 外敵から守るために活性酸素の働きを利用する場合は、活性酸素とともに働き、働きが終了したと同時に安定化させる、

などがあります。

抗酸化酵素だけでは生体脂質の酸化を防ぐことはできません。そこで登場するのがビタミンE、CoQ10、ビタミンC、カロテノイド、ポリフェノールなどの抗酸化物質です。

脂質の酸化を防ぐために生命が創り出した物質がビタミンEですから、これが一番重要です。しかし、条件によってはビタミンEはかえって脂質の酸化を促進することがわかっています。これを防ぐには、酸化抑制の過程で生成するビタミンEラジカルを還元する必要があり、ビタミンCとCoQ10がその役を担っています。とくに、同じ脂溶性のCoQ10の重要性が最近の研究から明らかにされてきました。結局、生体脂質の酸化を抑制するためには、ビタミンEとCoQ10とビタミンCがよいチームワークを組む必要があるのです。

生体が酸化ストレスにさらされたときに最初に減少するのがビタミンCとCoQ10であることは強調しておきたいと思います。ご存じのように私たちはビタミンEとビタミンCを体内で合成することはできませんから、食品等から摂取する必要があります。一方、CoQ10は体内で合成できますが、肉・魚などの食品に含まれていることも確かです。

加齢とともに減少するCoQ10は体外から補給を

しかしCoQ10は他の抗酸化物質と違い体内で合成される物だといっても、不足を引き起こしてしまうことがあります。その大きな原因には、加齢によるCoQ10生産力の低下、食事からの摂取が不十分などがあります。CoQ10は20歳を過ぎた頃から減少し始めますが、加齢が進むと生産力が低下するだけではなく、健康上の問題が増加するためCoQ10の要求量が高くなり、その結果減少が加速すると考えられています。

CoQ10を体内で不足させないためには、食事を通して体の外から補わなければなりません。私たちが通常の食事から摂取しているCoQ10は1日で約5~10mgですが、減少を食い止め健康を維持するには、30~60mgを目安とすることが推奨されています。CoQ10を多く含む食品にはいわしなどの青魚、牛や豚などの肉類、卵、ピーナッツなどがあります。目安量を満たそうとすると、いわしならば約6匹、牛肉だと約950gの量が必要になってきます。これでは、この量を食べ続けることが難しいばかりではなく必要以上の脂肪分とカロリーを摂取することになり、栄養素のアンバランスを引き起こします。

また、先の食品だけではなく各種のビタミンやミネラル類があって初めて、CoQ10は体内で合成されます。ビタミン、ミネラル等の栄養素が比較的豊富といわれるほうれん草やブロッコリー、大豆にも含まれるのですが、すべて少量しか含みません。

CoQ10で自分自身の根幹=体のチカラを高める。

これらのことを合わせて考えると、食事の基本ではありますが、まず、いろいろな食品を組み合わせてバランスの取れた食事をしたうえで、サプリメントを利用して、食事からでは不足してしまう分のCoQ10をサプリメントの形で摂取することが一番の方法だと考えられます。現在、さまざまなサプリメントが出回っていますが、たとえば、自分自身が「なりたいな」と思う理想的な体調を考え、それに向かって努力をしてみた時に、どうしても解決できない現実(たとえば生活環境や食生活など)とのギャップを埋めることを自分にとって必要なサプリメントを選ぶ基準にするといったように、自分なりのサプリメント選択基準を持つことが大切でしょう。

また、目に見える症状に対応することばかりに追われたサプリメントの選び方をするのではなく、自分自身が本来持っている、体の健康を維持するチカラを高めることにポイントをおいたサプリメントの選び方が良いのではないでしょうか。植物を使って表現すれば、枝葉の先よりも幹に注目することを忘れないことです。CoQ10をサプリメントで摂取する選択は、多くの方にとって、自分自身の体の根幹をしっかりとさせることにつながるのではないでしょうか。

当院では

CoQ10入りの化粧品も作りました。CoQ10はビタミンEと一緒に摂ると効果が倍増されます。

  • CoQ10配合美容液 10,000円

ご予約専用ダイヤル TEL 092-807-1270 月〜金 9:00〜18:00 / 土曜 9:00〜14:00

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.