松田知子皮膚科医院│福岡・法令線の治療なら

ほくろ

ほくろの除去

ホクロの除去はさまざまな方法があり、

  1. メスでくり抜く方法
  2. メスで切除し縫縮する方法
  3. 炭酸ガスレーザーによってくり抜く方法
  4. 炭酸ガスレーザーによって数回に分けて手術する方法
  5. Qスイッチルビーレーザーによって色を抜くする方法

があります。場所やホクロの深さ・形により、どの方法が適するかが違います。

くり抜き法

くり抜き法は、メスあるいはパンチという円形の特殊なメスでホクロの境界ぎりぎりに円形にくり抜き、ホクロを除去して欠損した部分の組織を盛り上げて傷を塞いで治癒させます。とくに顔面の皮膚では血流が豊富で皮膚の修復が早く、このくり抜き法が適しています。
注)くり抜き法では、ホクロのある場所により異なりますが、ホクロの直径が約5〜6mmくらいまでを対象にします。これより直径が大きいものでは傷痕を小さくし、治癒を早めるために創部を一部縫合する場合があります。
注)すべての顔面のホクロがくり抜き法に適している訳ではありません。
切除・縫縮法が適している部位もあります。

※手術は保険適応となります。
※悪性腫瘍(ホクロの癌など)が疑われるときは、切り取ったホクロは顕微鏡検査(病理検査)を行うことがあります。

切除・縫縮法

額、眉間などの顔の一部、頚部、腕、背中、胸などの部位のホクロにくり抜き法を使用すると、手術後の傷がきれいにならないことがあり、むしろメスを 使ってホクロを切除して縫い合わせるほうが手術後の傷がきれいになります。ホクロを含めて紡錐形にデザインして切除後に縫い合わせ、ホクロの直径より約 2.5〜3倍の直線の傷になるようにします。抜糸が必要です(顔面:5〜7日後、その他:7日後)。場所によっては皮弁形成術など複雑な手術を必要とする こともあります。

※手術は保険適応となります。
※悪性腫瘍(ホクロの癌など)が疑われるときは、切り取ったホクロは顕微鏡検査(病理検査)を行うことがあります。

炭酸ガスレーザーによるくり抜き法

炭酸ガスレーザーによるくり抜き法は、ホクロの境界ぎりぎりまでホクロをレーザーで蒸散させ、除去して欠損した部分の組織を盛り上げて傷を塞いで、治癒させます。

【手術の手順】

  1. ダーモスコピーで観察して悪性の所見がないか確認します。なければ手術となります。
  2. 局所麻酔をおこないます。(10分間)
  3. 炭酸ガスレーザーで蒸散させる部分にマーキングをおこないます。
  4. ホクロを切除します。(5分程度)
  5. 傷に軟膏を塗布して、ガーゼとテープ保護をします。
  6. 手術後最初の3週間は1週間に1回ご来院いただき、傷の具合をチェックされることをお勧めします。

炭酸ガスレーザーによる頻回切削治療

ホクロを皮膚表面から浅く削り取る治療を繰り返すことによって、最終的に少しでも傷痕を少なく治療しようというものです。1回1回の傷は皮膚表面か ら浅いので、ホクロの形や深さによっては、メスによるくり抜き法などに比べるときれいに治ります。皮膚の浅いところまでのホクロでは1回の治療で終了しま すが、皮膚の深い部位までホクロの細胞が入り込んでいるタイプでは1回では取りきれないので、複数回の施術が必要になります。繰り返す際には傷が落ち着く までの数ヶ月(赤みが消えるのを目安:3〜6ヶ月)待って、次の施術を行います。

傷痕が少しでも少なくなるのが利点ですが、複数の施術が必要となり、数ヶ月にわたってご来院いただくというのが欠点となります。

Qスイッチルビーレーザー治療

盛り上がっていないホクロで、直径が小さいホクロは、Qスイッチルビーレーザーというメラニンのみに反応するレーザーで脱色できます。
ホクロにレーザーを照射すると、熱でホクロのメラニンが破壊され、ホクロの組織の色素をつくる細胞が脱落します。ホクロの細胞は残存しますが、色は半永久的に消えます。1回の治療で色が消えることもありますが、通常は数回の照射が必要です。

ホクロから毛が生えている場合では、この治療により同時に脱毛が可能です。黒子の色が濃いほど痛みが強くなりますが、瞬間的な痛みであるため表面麻酔も不要である場合がほとんどです。

※Qスイッチルビーレーザーによるホクロ治療は保険適応外です。
※悪性腫瘍(ホクロの癌など)が疑われるときは、切り取ったホクロは顕微鏡検査(病理検査)を行うことがあります。は基本的に顕微鏡検査(病理検査)を行ないます。

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.