松田知子皮膚科医院│福岡・法令線の治療なら

Vビームパーフェクタ

  • HOME »
  • Vビームパーフェクタ

Vビームについて

治療効果

波長595nmのレーザー光が赤い色素に吸収される特徴を持った最新のレーザーです。

レーザー光が血管に吸収・凝縮されるため赤ら顔、ニキビ、イボ、様々な血管腫、ケロイド、妊娠線(赤みがあるもの)などに効果を発揮します。

頬の赤みや赤ら顔、赤く炎症したニキビ、赤みのあるニキビ跡や赤あざ、さらには赤く盛り上がったケロイド…こうした赤 みのある症状に効果を発揮するのが、『Vビーム』。赤い色素のみに吸収されるレーザー光を当てる治療です。赤い色素だけに反応することで、赤みの原因と なっている余分な毛細血管や色素が除去され、他の皮膚と色調を揃えることができます。
治療は、気になる部分にVビームを照射するだけ。麻酔の必要もなく、わずか5~15分程度で終了します。1回の施術でも赤みが薄くなったのを実感できますが、通常3回以上行うと、他の皮膚と変わらぬようになっていきます。

 

またレーザー光が線維芽細胞を強力に刺激するためデリケートな目元の小じわやお顔全体のハリにも高い効果を発揮します。

主な特徴

  • 施術時間:5分~10分(顔全体)
  • 痛 み:特殊な冷却装置により軽減
  • お化粧:施術直後から可能
  • 回数目安:3週間に1回(3回以上受けられると効果的です)

※施術時間・回数・痛みまたはその他につきましては個人差があります。

どんな疾患に効くのか

赤あざ

冷却装置を付けたことにより、より太い血管にも効果があります。が、保険は効きませんので、従来のダイレーザーの3倍強の費用がかかります。現在治療中の患者様は主治医の先生とご相談のうえ、治療経過を付けた紹介状をお持ち下さい。
また、医師の見学は自由ですので、ご遠慮なくお電話ください。
未治療の患者様の治療は受けておりませんでしたが、本年より受けることに致しました。従来のダイレーザーよりは格段の治療効果がありますが、完全に消えるとは限りませんので、両方の器械で試験照射を受けられることをお勧めします。
V 単純性血管腫3前  V 単純性血管腫3後

老人性血管腫

老人性血管腫は殆どの場合、1回でガーゼやテープの必要もなく、綺麗にとれます。大きくなると数回の治療が必要になりますので、早めの治療がお奨めです。顔だけでなく、体も有功です。

赤ら顔

赤ら顔の「赤み」は皮膚の毛細血管が透けて見えている状態です。今までは良い方法がありませんでしたが、Vビームでは1回目から効果を実感される患者さんが殆どです。
多少のもどりはありますので、3~4週に一度、数回の照射をお勧めします。

毛細血管拡張

毛細血管の拡張が著しい場合や、やや太めの毛細血管が拡張している場合は線状に透けて見えます。細いものは一回で効果がでますが、太い場合は一回で効果を出そうとすると紫斑が出き消えるのに時間がかかる事があるので、出力を調整しながら複数回照射するのが良いと思います。

V 赤ら顔6前 V 赤ら顔6後

V 赤ら顔4前 V 赤ら顔4後

 

 

 

CIMG1303 CIMG5889

 

老人性血管腫

いつの間にか跡形も無く、消えているので、治療後の写真が中々ないのですが、たまたま二年後に他の病気で来院された患者様が、たまたま同じお召し物だったので、写真を撮らせて頂きました。

ニキビやニキビ跡

ニキビやニキビ跡の赤みも毛細血管によるものですので、Vビームを照射することで治癒を早める効果が期待できます。ひどい化膿したニキビの場合でも、速攻性があります。赤い時期に治療するとにきび跡が陥没するのを予防できますので、標準以上のきれいな肌をお望みなら必須の治療となるでしょう。

Honcharu Vbeam Acne after  Honcharu Vbeam Acne before

 

 

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、下肢の静脈が拡張し血液が滞ることでおきる疾患です。ひどくなると皮膚炎が治りにくかったり、潰瘍を作ったりします。軽度のものは見かけが悪いので、早めならVビームで治療できます。

V 下肢静脈瘤2前 V 下肢静脈瘤2後

 

ケロイド

 

ニキビやニキビ跡の赤みも毛細血管によるものですので、Vビームを照射することで治癒を早める効果が期待できます。ひどい化膿したニキビの場合でも、速攻性があります。赤い時期に治療するとにきび跡が陥没するのを予防できますので、標準以上のきれいな肌をお望みなら必須の治療となるでしょう。

いぼ

照射中は痛みはありますが、液体窒素のように後は痛みませんので、お子さんにもお勧めします。保健は利きませんので、御相談下さい。

小じわ

キメが荒くなった、小じわが目立つようになったという肌の光老化現象に対して、繰り返しダイレーザーでの治療を行う方法もあります。皮膚深部でのコラーゲン産生を促し、光老化した肌を内側から徐々に改善させていきます。

しわ#4術前 しわ#4術後

眼の下のシワはボトックスでは優しい表情が出来ないというかたにはお奨めします。どちらかというと色白で赤ら顔のかたに効果があります。

Vビームは、通常3~6週間おきに3~4回の治療を行います。2~3回目終了後から効果が実感できます。

関連情報

ご予約専用ダイヤル TEL 092-807-1270 月〜金 9:00〜18:00 / 土曜 9:00〜14:00

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.